熱変形を抑えた熱処理技術

HOME > 熱変形を抑えた熱処理技術

独自の熱処理技術

当社の熱処理技術は、材質、形状、熱処理温度、冷却温度など、様々な条件を組み合わせることで、お客様のご要望に適したきめ細かな熱処理をご提案、ご提供しています。
熱処理を行う部品の用途や特性に合わせ、硬度強化、耐金属疲労強化、耐摩耗性、耐食性と部品の特性を向上させると共に、長年の経験とノウハウを駆使して、お客様の満足のいく製品をお届けしています。

熱変形を極限まで抑えた長年の経験とノウハウ

熱処理技術は、材質や形状の特性を考慮した熱処理条件の選択が最も重要になります。
日高工業では、製品の形状や材質特有の歪みやねじれ、縮みといった熱処理によって発生する寸法変化についての経験を独自の技術ノウハウとして蓄積し、様々な製品に応用しています。
最新の設備と検査設備に加え、エンジニアの経験と熱処理技術を組み合わせることで、寸法精度の厳しい製品や難易度の高い製品にも積極的に取り組んでいます。