試作から量産までの受入れ

HOME > 試作から量産までの受入れ

開発を含む試作への対応

お客様のご要望に応じて、開発を含む試作づくりにも積極的に取り組んでいます。熱処理技術の応用を活かして、製品の特性や機能性を向上させるためのテストや研究試作など、お客様の要望に応じて共同研究にも取り組んでいます。

様々な機構部品や進化する特殊素材に対応するため、当社では技術レベルの向上、新素材の研究、人材育成にも日々取り組んでいます。
素材のもつ特性や素材自体の成分を分析し、最適な熱処理条件を導くため、更なる技術開発を行っています。

開発試作や機能性の向上など、お気軽にご相談ください。

24時間無人化ラインでの量産体制

当社では、最新の設備を導入し、24時間稼動で無人化ラインを構築しています。
技術者の手によって行わなければならない工程と機械でも可能な工程を分業することによって、高品質な仕上がりと安定した品質でお客様にご提供することが可能です。

また、無駄な労力をかけることなく、生産性を効率よく向上させることで、短納期対応が可能になり、低コスト生産にも貢献しています。

これに加え、当社では自動車部品で培った「かんばん方式」にも対応しています。熱処理後の加工を視野に入れた熱処理や在庫の最適化など熱処理以外の部分での生産方式にも特徴があります。