様々な熱処理加工

HOME > 様々な熱処理加工

熱処理の概要

熱処理とは

鋼を変態点(約730℃)以上の適当な温度に「赤めて(加熱)」「冷やす」ことにより鋼の組織を変化させて機械的性質を向上させます。

機械的性質とは

引張強度、疲労強度、衝撃値、耐摩耗性など

各熱処理の目的

焼入れ焼戻し

目的:強度と靭性の適度なバランス

浸炭焼入れ焼戻し&浸炭浸窒焼入れ焼戻し

目的:耐摩耗性、耐疲労性、耐衝撃性の向上

ガス軟窒化

目的:耐摩耗性、耐食性の向上

固溶化処理

目的:延性の改善と耐食性の向上

プレステンパ

目的:曲り直しや整形に非常に有効な方法

機械的性質と硬さの関係

硬くなると強度は増しますが、硬くなりすぎると逆に脆くなり強度が低下します。このため、焼入れ後の焼戻し条件の選択が重要になります。